手術で治療する際は施術後のダウンタイムに気をつけるようにしましょう

湾曲ペニスを手術する

湾曲ペニスを治すには

湾曲ペニスは反対側に日々曲げ直せばいいというものではなく、病気が原因じゃなくても自然治癒は期待できません。改善するためには、勃起を形成している白膜を修正する必要があります。

手術の流れ

湾曲ペニスは、陰茎の中間辺りから屈曲してしまっている場合がおおいです。一般的な手術の流れとしては、亀頭直下または陰茎の根本を切開し、勃起時に陰茎の形を保っている白膜を縫縮することによって曲がりを修正します。

施術後の生活

施術後は患部を縫縮するために切開した部分が治るまでは患部が腫れたりする場合もあるため、ダウンタイムとなります。それ以外にも、施術後3~4日は激しい運動を控えたり、1週間ほどアルコールも控えるようにしましょう。

広告募集中